• インターネットの歴史

    インターネットは元々軍事技術として開発されてきていますが、アメリカの各大学の技術開発への熱心さも忘れてはなりません。

    IoTマンションの相談ならココです。

    アメリカは軍事問わず、大学で開発された技術を率先して現場で活用する文化があります。
    インターネットももともといくつかの大学でのローカルネットから始まり、その後、接続する大学を広げてきました。


    インターネットは技術発展がすさまじいものの代表でもありますが、若い世代が開発した技術であることも特徴と言えます。



    ルータや回線技術などはそれまでの熟練した研究者も絡んではいますが、インターネットに関するプロトコルや新しい仕組みなどはとても若い研究者によって開発されてきています。


    日本でも東大を始めとして多くの国立大学が率先してネットワーク環境を整えアメリカの大学と接続を始めています。日本では学術研究用に全国の大学を結んだ回線から始まり、企業がそれに接続するようになり、また、企業やプロパイダが回線を用意して学術系のネットワークとは別に活動を始めて現在に至ります。

    そのため、学術系ネットワークを使って日本での新しい技術を開発する風土が作られてきています。